ハンドクリームの正しい塗り方を覚えよう

手肌の乾燥や手荒れを防ぎたいときは、ハンドクリームでこまめにお手入れをすることが肝心です。
ハンドクリームでお手入れをするときは、きちんと効果を実感するために正しい塗り方を覚えておきましょう。
まず、ハンドクリームを適量出したら、手のひらで温めてから塗るのが基本です。
温めることで手肌になじみやすくなりますし、美容成分が浸透しやすくなるからです。
特に寒い季節はクリームが固くなっていることが多いので、必ず手のひらで温めるようにしましょう。
また、ハンドクリームを塗る前に化粧水を手肌に浸透させておくと、より効果が実感しやすくなります。
いつも顔に使っている化粧水を手肌に使うのがもったいなく感じる場合は、ハンドケア用に安価な化粧水を用意しておくとよいでしょう。
ハンドクリームを塗るときは、手の甲から指先に向けてマッサージしながら広げるのも大きなポイントです。
指先に塗るときは、爪の周りの皮膚まで丁寧になじませていくと、ささくれができにくくなります。

早期治療でニキビを治す
放っておくと悪化するニキビは早期治療が大切です

私が選んだのはエルムクリニックです。暮らしている地域から近かったのと、親身なカウンセリングのある美容皮膚科だったことが決め手です。

http://www.elm-clinic.jp/treatment/wrinkle_slack_pores.html

シミ・そばかす・肝斑のお悩みは熊本のエルムクリニック

医療レーザー脱毛は大阪浜口クリニック-日本医学脱毛学会認定医監修-

最新投稿