前へ
次へ

軽貨物の運送業者として働く場合には領収書の管理も重要です

個人の軽貨物の運送業者として働く場合積み込みなどの業務スキルを身につけることも重要ですが、領収書などの経費の管理も重要です。ですから軽貨物の運送の際にかかった費用の領収書やレシートもきちんと集めておくようにしましょう。しかし、ただ集めるのではなく科目ごとに整理をしておくようにしましょう。こういった軽貨物の運送の際にかかる費用は膨大ですし、1か月分となるとかなりの量になります。紛失などのリスクを防ぐためにも最低1か月に1度は科目ごとの整理をしておくようにしましょう。こまめに軽貨物の運送の領収証を整理しておくと申告前に慌てずに済みます。また軽貨物の運送を行う場合には経費だけでなく売り上げもきちんと管理をすることが大切です。軽貨物のマッチングサービスなどで依頼を受けた場合など軽貨物の運送による報酬が銀行振り込みでない場合は領収書等が発行されることがあります。こういった領収書等もきちんと管理しておくようにしましょう。現金の項目はチェックが厳しいためとくに注意が必要です。こういった領収証をもとに軽貨物の運送業者は確定申告を行うのですが、申告後も注意すべき点があります。それは領収書の保管期限があるということです。軽貨物の運送の確定申告を行う際に計算に使用した領収書やレシートを提出する義務はありません。しかし、申告に使用したレシートや領収書・請求書にはそれぞれの申告方法に基づいて保存が義務付けられている期間があります。白色申告なら5年・青色申告なら7年の保管義務があります。そのためノートに貼り付けておく・封筒などに入れてファイリングしておくといった対策を行い、領収書を紛失したり廃棄してしまうことのないようにしましょう。このように軽貨物の運送事業を行っていくうえで必要となる公的手続きが多数あります。軽貨物の運送ドライバーとして働くならばそういった書類や届出に必要なものをきちんと管理することも重要です。

運転免許があれば始められるお仕事のご案内

Page Top