ボディオイルを正しく使って快適にケアしよう

ボディケアをするためにボディ用のオイルを購入したけれど、ベタつくのが嫌で使わなくなったという人は、使い方を見直してみましょう。
ボディオイルは正しい使い方をするだけで、ベタつくことなく快適なボディケアが実現します。
まず、ボディオイルを塗るタイミングは、お風呂から上がってすぐです。
バスタオルで軽く水気を拭き取ったら、少し湿った状態のお肌にボディオイルをなじませていきましょう。
お風呂上りの温まったお肌ならオイルがよくのびるので、少量でも広範囲に塗ることができます。
また、少し水気が残った状態になじませれば、ベタベタせず、すぐに洋服を着ることができます。
ヒップや脚、ウエスト部分、デコルテ、腕など、乾燥させたくない場所に丁寧になじませていきましょう。
ちなみに、胸元や背中など皮脂量が多い部分にはオイルは適していません。
どうしても保湿したい場合は、ボディーローションなど油分が少ないケアアイテムを使うと余計な肌トラブルを招く心配がありません。